【膝痛】成長痛と間違えやすい症状、靴のサイズが負担に?

株式会社ポルタ

03-6667-8677

東京都中央区日本橋人形町3-3-13 CICビル2F

受付時間:10:00~14:00 / 16:00~20:00

ブログ

【膝痛】成長痛と間違えやすい症状、靴のサイズが負担に?

膝の痛み・変形性膝関節症

2017/11/23 【膝痛】成長痛と間違えやすい症状、靴のサイズが負担に?

膝痛が続いているとお悩みなのは先日ご紹介しましたモトクロスライダー、Hさんのご長男M君です。

まだ中学一年生ということもあり「成長痛」というものではないかとお父さんのHさんは考えているようです。

確かに個人差はあるものの急激に身長が伸びる頃でもありますね。

 

M君も小さい頃からモトクロスに親しみ、全身をフルにバイクを操ります。

しかし、この頃は膝以外にも体のあちらこちらに痛みを感じるといいます。

痛む箇所をかばい激しいカーブでは思うように踏ん張れない状態だそうです。

表情もシュンと少し元気のないお顔です。

 

特に痛みのひどい膝から診せていただいたところ、膝自体の組織に損傷や炎症などの問題があるわけではないようです。

但し大たい骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の捻じれがあり膝蓋骨(膝のお皿)の向きが乱れていました。

更に確認を進めたところ、足部から膝に負担をかけていることが分かり、すぐに足首のアライメント(本来あるべき構造)を整えたところ膝の痛みはその場で7割以上改善されました。

 

今回のケースの様に膝に痛みが出ていても原因が膝に無いということはよくあることです。

膝は人体の中でも最大の関節で歩くだけでも体重の数倍の負担がかかる事は事実ですがその分頑丈な作りで動きも屈曲と伸展(曲げ伸ばし)だけとシンプルなので若い方が簡単に悪くなるわけではありません。

ただし周り(ももの前後:大腿四頭筋、ハムストリングス:やふくらはぎ:腓腹筋)に大きな筋肉があり、骨盤や股関節、足首などの歪みからそれらの筋肉が膝を捻りながら使う事になると次第に負担が大きくなり膝そのものに痛みが出るようになります。

 

Mくんも体の複数のポイントに痛みが出ることがあるようなので根本的な解決には全身のバランスをしっかりと取り戻す必要があります。

ご本人も直接的な原因がわかり安心されたようです。

 

競技の関係上、ケガがなかなか絶えないようですが負担が軽くなるようなそしてケガをしにくいカラダ作りをしていきましょうね。

 

そしてもう一つ、今日、来院されたMくんの足と靴のサイズが合っていませんでした。

成長期なのでどんどん靴のサイズも変わってくるとは思いますがとても重要な要素です。

新しい靴に変えてみては?とお話させていただきました。

 

 

 

人形町クローバーカイロプラクティック

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3丁目3−13 cicビル2階
電話番号 03-6667-8678
営業時間 10:00~14:00
16:00~20:00
最寄り駅 都営浅草線/東京メトロ日比谷線 人形町駅
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅
アクセス 日比谷線・都営浅草線「人形町」駅「A5」出口より右側「日本橋」方面に徒歩2分

お近くの駅
水天宮前駅 450m  三越前駅、小伝馬町駅 550m  日本橋駅 650m  浜町駅 700m
茅場町駅 750m  東日本橋駅、馬喰町駅、馬喰横山駅 850m

当院Facebookはこちら
http://bit.ly/2bX9WqP

TOP