【肩凝り・頭痛・慢性疲労】 冬より危険な「夏の冷え」って?

株式会社ポルタ

03-6667-8677

東京都中央区日本橋人形町3-3-13 CICビル2F

受付時間:10:00~14:00 / 16:00~20:00

ブログ

【肩凝り・頭痛・慢性疲労】 冬より危険な「夏の冷え」って?

スタッフブログ手足の冷え、むくみ頭痛首こり肩こり倦怠感(だるい)・慢性疲労

2017/07/28 【肩凝り・頭痛・慢性疲労】 冬より危険な「夏の冷え」って?

この夏、暑さ対策だけで万全ですか?

夏に冷え? と思う方も多いと思いますが毎年クーラーがかかる季節になると肩コリや頭痛を訴えご来院される方が増えることは施術院関係者では当たり前のことです。

特にオフィスで働く女性によく見られるのがこの夏の冷えです。

寒い時期の冷えと違い周りの環境との兼ね合い等からなかなか良い対策がとれずにお悩みが深い事も多く健康への影響も馬鹿にできません。

しっかりと備えたいですね。

2013075

 

冬より危険な「夏の冷え」って?

 

~夏に感じる不調トップ3~

・疲労・肩こり・冷え

 

夏の冷えは寒い季節とは違い冷たい飲食物による「内臓の冷え」と、室温と外気温の温度差による「自律神経の乱れによる冷え」が原因となります。

また暑さを感じ、汗をかくので本人に冷えの自覚がないことが多いのも特徴です。

この二つの冷えは、上記の疲労や肩こりにも強く影響しますので、思い当たる方は夏の冷え対策をしっかり行いましょう。

 

さらに夏の冷えが続くと下痢や便秘、血行不良による貧血などを引き起こし、特に腸の機能が衰えれば免疫の低下に直結して体調不良の元になったり、秋になっても症状が回復しない秋バテ(夏バテ)に繋がってしまう危険があります。

 

このような事態を防ぐためにも冷たいドリンクの摂りすぎや夏場の過度なダイエット、強すぎる空調や暑さを冷たい飲み物だけで凌ぐことは避けましょう。

 

 

*日常生活でできる夏の冷え対策*

・飲食はなるべく体温以上のものをとる

・入浴はシャワーだけでなく、湯船にしっかり浸かる

・睡眠時間を十分にとる

・物を良く噛んで食べる(刺激が自律神経の働きを良くする)

・腰やお腹、太ももなど、下半身を温める。

・血行改善のために、軽めの運動習慣を心がける

 

 

【このページでは当院のニュースレター「クローバーだより」から過去の人気記事をご紹介しています。

今年の気候の状態や季節感など一部そぐわない表現があると思いますがご了承ください】

 

人形町クローバーカイロプラクティック

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3丁目3−13 cicビル2階
電話番号 03-6667-8678
営業時間 10:00~14:00
16:00~20:00
最寄り駅 都営浅草線/東京メトロ日比谷線 人形町駅
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅
アクセス 日比谷線・都営浅草線「人形町」駅「A5」出口より右側「日本橋」方面に徒歩2分

 

お近くの駅
水天宮前駅 450m  三越前駅、小伝馬町駅 550m  日本橋駅 650m  浜町駅 700m
茅場町駅 750m  東日本橋駅、馬喰町駅、馬喰横山駅 850m

 

当院Facebookはこちら
http://bit.ly/2bX9WqP

TOP